×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

初めての投資信託

初めての投資信託 投資信託とは?

初めての投資信託をする場合には、まず投資信託についてしっかりと知識を身につけておかなければなりません。投資信託とは、簡単に言うと投資者から集めた資金を元に運用の専門家が、その資金を増やせるように投資をするのです。投資者ですが、1人より2人、2人より3人、多ければ多いほど投資できる金額が大きくなりますので、リターンがあった場合には、より大きなリターンがあるのです。また、投資者側からすると、1人では投資できる金額も限られてきますが、みんなで投資をすると投資金額を大きくすることができるのです。

投資の専門家のことを、ファンドマネージャーと言いまして実際に投資をする人です。ファンドマネージャーは、どのような国や企業などに投資をするとリターンを得ることができるか調査し、投資先を決定します。投資先は、一ヶ所ではなくいくつかに分けます。これは、一つに集中させてしまうと、リターンを得られずに資金が減ってしまった場合に、リスクが高くなってしまうからです。いくつかの投資先に分配をすることによって、リスクを減らすのです。

一般的に投資信託のでは、いくつかの投資先を一つにまとめたファンドを販売しています。投資者は、このファンドの中から自分が気になったものなどを購入するのです。